メディアパートナー募集中詳しくはコチラ
PR

サッカーボールの空気圧に関する疑問を解決!4号球の適切な空気圧について

このコンテンツには広告を含む可能性があります。

スポンサーリンク

4号球のサッカーボールの空気圧ってどれくらなんだろう?
空気圧が違うとなにか影響あったりするのかなぁ?

こんな方にオススメ!
  • 4号球のサッカーボールの適正な空気圧が知りたい人
  • 空気圧が違うとどんな影響があるのか気になる人
  • 空気圧の図り方が知りたい人

サッカーボールの空気圧は、プレーに大きな影響を与えます。

しかし、正しい空気圧を知らないと、パフォーマンスが低下することもあります。

この記事では、サッカーボール4号球の適切な空気圧について詳しく解説します。

当記事でわかること…
  • 4号球の適正な空気圧がわかる
  • 空気圧が違うとどんな影響が出てくるのかわかる
  • 空気圧の測定方法がわかる
目次

サッカーボールと空気圧の関係性について

適切な空気圧を保つことで、サッカーボールのパフォーマンスに影響を与えることができます。

サッカーボールは、空気圧が高すぎると硬くなり、空気圧が低すぎると柔らかくなってしまいます。

そのため、空気圧を適切に調整することが重要です。

空気圧が高い空気圧が低い
サッカーボールは硬くなる
跳ね返りが強くなる
反発力が高くなる
ボールが予想以上に跳ね返る
ボールコントロールが難しくなる
ボールが柔らかくなる
跳ね返りが弱くなる
反発力が低くなる
シュートやパスの時にボールスピードが上がらなくなる
イトウ

ボールに対する空気圧が標準でなくなると上記のような問題が起きます。

適切な空気圧を保つためには、空気圧を定期的に測定し、必要に応じて空気を足したり、抜いたりすることが大切です。

スポンサーリンク

また、ボールを保管する際には、過度な圧力をかけないように注意することも重要です。

4号球のサッカーボールの最適な空気圧とは

ジュニア年代で使用する4号球のサッカーボールの空気圧は『0.6〜0.7気圧(8.5〜10 psi)』であるとされています。

この範囲で調整することで、ボールの反発力が適度にある状態になり、スピードやコントロールにも影響を与えずにプレーできます。

サッカーボールの空気圧はどうやって測定するの?

サッカーボールの空気圧は市販で売っている空気圧計を使うことで簡単に測定することができます。

空気圧を測定する方法について
  1. 空気圧計を用意する
    サッカーボールの空気圧を測定するには、空気圧計が必要です。空気圧計は、スポーツ用品店やホームセンターなどで手に入れることができます。
  2. ボールのバルブを開く
    サッカーボールのバルブを開き、空気圧計をバルブに取り付けます。バルブを開く方法は、ボールの種類によって異なりますが、一般的には指で回して開けます。
  3. 空気圧を測定する
    空気圧計をバルブに取り付けた状態で、空気圧を測定します。空気圧計には、目盛りがついているので、それを見ながら空気圧を確認します。
  4. 空気圧を調整する
    もし、測定した空気圧が目標値に合っていない場合は、空気を足すか抜くかして、調整します。空気を足す場合は、空気入れを使って、バルブに空気を送ります。空気を抜く場合は、専用のバルブ抜きを使って、バルブから空気を抜きます。
  5. 空気圧を再度測定する
    空気圧を調整したら、再度空気圧を測定して、目標値に合っているか確認します。目標値に合っていれば、バルブを閉じて、測定器具を外します。

※サッカーボールのバルブ図

イトウ

バルブとはサッカーボールに空気を入れるところのことをいいます。

【サッカーボール専用の圧力計】

モルテン(molten)
¥2,478 (2024/06/23 16:01時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

まとめ

サッカーボール4号球の最適な空気圧は、0.6〜0.7気圧(8.5〜10 psi)であるとされています。

選手やチームによって好みやプレースタイルによって異なる場合がありますが、この範囲内で調整することが重要です。

空気圧の調整方法は簡単で、練習前や試合前に行うことが重要です。

正しい空気圧を設定して、パフォーマンスを最大限に発揮しましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次